ブルーデージー花便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 不思議なイノコヅチの節

<<   作成日時 : 2005/08/14 21:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

画像
8月8日に長野県の姫川源流に行ってきました。
姫川源流は環境庁によって「名水百選」に認定されています。

清流にしか育たないといわれるバイカモが、水の流れにゆらゆらとゆれていて、水面には梅の花に似た白い可愛い花が咲いていました。

源流の周りは湿地になっており、サワギキョウ、コオニユリ、ドクゼリ、ウバユリ、コバギボウシなど多くの種類の花で賑わっていました。

後から聞いた話ですが、ドクゼリはドクウツギ、トリカブトに並んで日本の三大毒草の一つだそうです。
わりと身近に見かける植物ですが、全草に猛毒があるそうです。イヤ〜、コワイコワイ!

湿原内の木道を歩いている時、イノコヅチを見つけました。
この草は、小さい頃草原で遊んでいる時に、小さい種が洋服に沢山付いた思い出があります。
洋服に付いた小さい種を取るのが大変で、子供心にも厄介な雑草だなあと思っていました。

ところがこのイノコヅチは節のところが大きく膨らんで何だか変です。
小さい頃に見たイノコヅチの節は、こんなに膨らんではいなかったと思うのですけど。

実は、イノコヅチの名前の由来が、この節が猪の膝頭に似ているとか。
あるいは、漢名で牛膝(ゴシツ)というらしいのですが、牛の膝という意味もあるようです。

気にもしなかった雑草の意外な姿を発見し、雑草と言えど侮れないなあ・・・と思いました。
ネットで調べていると、更にイノコヅチにはヒカゲノイノコヅチとヒナタイノコヅチがあるらしいんですね。(笑)
姫川で見たのは日陰にあったので多分ヒカゲノイノコヅチかな?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ブルーデージーさん、
細かい種が洋服についたのは、よく覚えています!
でもこんな猪の膝頭からきている名前だったのですね。
名前の由来はとても奥深いです。
ミントのみん
2005/08/14 23:02
ミンとのみんさん、こんにちは。
小さい頃のことが、懐かしく思い出だされることが多くなりました。
着ている服のあちこちに、イノコヅチの種が絡みついたことも懐かしいですが、今はそんな体験もすることがなくなりましたね。
ブルーデージー
2005/08/15 13:21
服にも、犬の毛にも沢山ついて大変だったっけ。節の膨らみは記憶にないけど、あの赤い色は思い出します。根が漢方薬になるそうです、飲むと
イノシシや牛のように足が丈夫になるかな?
コロリン
2005/08/15 14:26
へえ〜〜〜〜日陰の猪の膝頭?????
驚いた! あ〜びっくり!
bran
2005/08/16 08:03
コロリンさん、
そういえば犬の散歩の時、犬の毛にも沢山付きましたねえ。
今頃は、そんな草むらを歩く事も無いですね。
ブルーデージー
2005/08/16 18:52
branさん、
今までは、イノコヅチは猪の小槌だと思っていました。
長い間勘違いをしていたんですねえ。
ブルーデージー
2005/08/16 20:19
ブルーデージーさん、お久しぶりです。おとついの夜帰ってきました。
アルバム見せていただきました。箱根の湿生花園で見た花達が続々登場するので、何ともうれしかったです。(*^-^)バイカモ。。この小さな花に憧れています。この夏見に行く予定でしたが忙しくて駄目になりました。
可愛かったでしょうね〜。写真があったら是非見せてね。イノコヅチは、子供時代につながる懐かしい雑草ですよね。名前の由来は知りませんでした。面白いですよね〜。色々なことが分かると。。
一輪草
2005/08/18 09:07
一輪草さん、お帰りなさい。
今年は姫川源流とその近くにある親海湿原、八方尾根を歩いて来ました。沢山の花たちに出会えてとても幸せでした。
バイカモの花は残念ながらピンボケで使えませんでした。(T_T)
技術不足ですね。
ブルーデージー
2005/08/18 09:54
イノコヅチはやはり「猪の小槌」で良かったんだあ。
ブルーデージー
2005/08/18 21:39
ブルーデージーさん こんばんは。
この記事は以前に読んでいたのですが,なかなか分からなくてそのままになっていました。
今日,偶然に,このコブの正体が分かりました。虫コブだと思います。
専門家ではないので確実ではないですが,イノコヅチウロコタマバエという小さな昆虫の幼虫がこのコブの中に部屋をつくって生活しているものと思われます。
電脳中年A
2005/11/18 22:20
電脳中年Aさん、おはようございます。
長い間この記事を気に掛けていただいていたそうでありがとうございます。虫コブですか。なるほど〜と納得しました。そういえば、他のイノコヅチもほとんど節が膨らんでいましたので、地域的なものもあるのかなあと思っていました。ムシコブということならこの疑問も解決ですね。機会があれば、この節の中を見てみたいですね。
ブルーデージー
2005/11/19 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
不思議なイノコヅチの節 ブルーデージー花便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる