ブルーデージー花便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 目名川の鮭の遡上と神仙沼

<<   作成日時 : 2005/10/06 23:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 7

画像
ニセコへの旅行第2日目は、目名川の鮭の遡上見学、神仙沼の散策でした。

目名川は尻別川の支流ですが、サクラマスや鮭の遡上で有名な川です。
「野生の為、御覧頂けない場合もございます。」というただし書きが旅行のしおりに書かれていましたが、この日は小雨が降る中、沢山の鮭が遡上して来るのが見られました。
鮭を捕獲している方が、「今日は大漁だあ!」とおっしゃっていましたので、本当に今日は沢山遡上して来たんですね。
初めて見る鮭の遡上風景。
テレビなどでは何度か見たことはありますが、実際に見ると凄いなあ〜というのが正直な感想です。
お互いの身体がこすれあう位にひしめき合って必死に上流に向かって泳いでいます。
待ち受けているのは自分達を捕獲する堰なのに……。
ちょっと哀れを感じました。



目名川からバスは神仙沼へと向かいました。
専門のガイドさんの説明を聞きながら、広い湿原内の木道を歩きました。
遠くには赤や黄色に色づいた木々、そして湿原の中は草紅葉。
額縁が足りない位、何処を切り取っても絵になる風景です。



ニセコ駅から倶知安駅までSLに乗りました。
このSLは冬になると網走駅から知床斜里駅までを走るオホーツク流氷号になるそうです。
ニセコ駅の前のプランターに植えられていてた花達はどれも色鮮やかで、北海道の空気がきっといいんだろうなあと思いました。



寄せ植えのプランターの中に、しそ科らしい白い花が咲いているものがありました。
ミントの様でもありましたが、名前が分かりません。
触るとちょっと肉厚で細かい毛が生えていました。
香りもハーブ系のように思いました。
葉っぱの色合いや感触、そして清楚な花。
なぜかとても心惹かれました。
どなたかこの花の名前を教えて下さいませんか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
ブルーデージーさん、こんにちは。今日は、ちょっと肌寒い一日です。
鮭の遡上風景。。圧巻でしょうね。私はまだ見たことはありませんが、すぐに捕獲されるのもかわいそうですね。
すっかり秋の装いですね。この中を走るSL。。いいでしょうね〜。
流氷号にもいつかは是非!乗ってみたいです。流氷を見に行くのが夢なんですよ。
草紅葉。。いい表現ですね。まさにそんな感じです。一面、秋色に染まっていますね。
白いお花。。見たことがあります。ハーブの仲間なんでしょうね。これは、ミントのみんさんにお任せしますね。(*^-^)
一輪草
2005/10/07 12:53
ブルーデージーさん、
鮭の遡上風景が見られたなんて、すごいですね。
空気がきれいなこともわかるし、水も草も木もきれいな様子がわかります。
プランターの植物、ミントだとするとパイナップルミントでしょうが、かなり葉が詰まっていますね〜、ぎっしり。よい匂いでしたでしょう。
ミントのみん
2005/10/07 22:38
ブルーデージーさん、こんばんは。
北海道を旅行されたのですね。
いい季節、タイトル通りの素敵なツアーだったようですね。
白いお花ですが、以前ブログに書かれていたスエーデンアイビーのお花に
よく似ているので斑入りのスエーデンアイビーもあるのかしらと思って調べてみました。
同じ仲間のプレクトランサス・マダガスカりエンシス(通称ミントリーフ)というお花のようですが・・・


huit
2005/10/08 00:02
一輪草さん、こんにちは。
ツアーなのでゆっくり時間をかけて…というわけには行きませんでしたので、神仙沼は是非もう一度ゆっくり歩いて見たいと思いました。
流氷も何年か前に見に行ったんですよ。網走からおーろら号に乗りました。海一面が流氷の覆われている景色も圧巻でした。丹頂も是非見に行って下さいね。餌付けされているところが何箇所かあり、丹頂の姿も素晴らしいですよ。
ブルーデージー
2005/10/08 13:55
ミントのみんさん、huitさん、こんにちは。
お花の名前を教えてくださって有難うございます。
最初に見た時はミント系かな?と思ったのです。ミントのみんさんが教えてくださったアップルミントにそっくりで、随分栄養の良いミントかも、と思いました。でも、ネットで色々と調べていると、ミントの花の付き方とちょっと違う様にも思いました。葉っぱの感じは、見た目はそっくりなんですが、触った感じがちょっとゴワゴワしていて硬いんですよ。香りもちょっと強烈なハーブという感じでした。
huitさんのミントリーフを調べてみました。こちらも見た目はそっくりで、お花の付き方はこちらに良く似ていました。ただ、気になるのはスエーデンアイビーは葉っぱがツルツルしていて光沢があるのですが、ニセコで見たものは細かい毛が生えていたんです。ミントリーフに細かい毛が生えているという説明が見当たらなくて、まだ悩んでいます。折角教えて下さったのに、どちらとも判断がつきかねています。(>_<)
ブルーデージー
2005/10/08 14:14
北海道は何処を見ても絵になるし、感動シリーズですね。 人の手が入らない、大自然は色、形、大きさで迫って来るものがあります。とは言っても町中にあるプランターの色鮮やかな花も心惹かれますね。歳を重ねると若い時とは違った感動があります、これからも沢山の感動と出会いたいものです。 北海道の感動を私も、もう一度味わいたいと、改めて思いました。
コロリン
2005/10/08 14:37
コロリンさん、おはよう!
植木鉢の小さな花からスケールの大きな大自然まで、確かに感動の素は沢山ありますよね。年齢的に(?)気持ちの余裕が出てきたので、これから出会う感動を大事に、大切にしたいですね〜。
ブルーデージー
2005/10/09 08:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
目名川の鮭の遡上と神仙沼 ブルーデージー花便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる