ブルーデージー花便り

アクセスカウンタ

zoom RSS 第8回国際バラとガーデニングショウ

<<   作成日時 : 2006/05/23 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14


今日は、インボイスSEIBUドームで開かれている、第8回国際バラとガーデニングショウにお友達と一緒に行って来ました。
ウィークデーにも関わらず、会場には沢山の人が訪れていました。
会場内を歩いていると、沢山の展示物で迷子になるような気がしましたが、こうして観覧席から下の会場を見下ろすと、ミニチュアを見ているようで又違った風景ですね。
バラは数も種類も多くて、あまり詳しくない私はひたすらきれいねえ…とため息をつくばかりでした。


豪華絢爛なバラの中で、ちょっと興味を惹いたのが、右の写真の可愛い壁掛け式の飾りでした。
バラを活けている花器がなんとハランなのです。
ハランをくるっと三角にして、その中に茎を不織布とビニールで覆ったバラが活けてありました。
ハランの茎の部分が壁に掛ける時の蔓になっています。
メインのバラより、このハランの使い方に驚き感心しました。
立派なバラを育てるのは難しいけど、こんな楽しみ方もあるんだなあと妙に嬉しかったですね。









柳生慎吾さん作のお庭です。
割と身近に感じられるお庭のイメージでした。
花に溢れるほかのお庭と違って、何だかホッとする雰囲気でしたね。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
ブルーデージーさん こんばんは。
凄いイベントですね〜〜^^;
私はどうも人ごみが苦手なので,このような大規模なイベントには足を運ぶことは滅多にないんですけど,「お花」でこれだけ大きなイベントを開催できるんですから凄いことだと思います。
ハランを花器にするというアイデアも初めて知りました。驚きです。^^;
「柳生慎吾さん作のお庭」にほっとするという感覚も何となく分かるような気がします。^^
電脳中年A
2006/05/23 23:20
ブルーデージーさん、
我が家からはちょっと遠いので指をくわえてみているのですが、
会場はいい匂いなんでしょうね。
庭は特に、生き物をその状態に持っていくことが大変だと思います。一度みてみたいです。
ミントのみん
2006/05/24 10:06
電脳中年Aさん、こんばんは。
バラへの憧れの気持ちって、特別な物があるのかもしれませんね。何となく一目置いてしまうような感じです。ハンギングも沢山出品されていて、とても興味深かったです。ただ、まねをするにはあまりにも立派過ぎましたので、こちらもただただ感心するばかりでした。そんな中で、柳生さんのお庭は気を張らなくてもいい、八ヶ岳の空が見えて、空気も自然に流れているような空間でした。こんなお庭が好きですね。
ブルーデージー
2006/05/24 22:05
ミントのみんさん、こんばんは。
会場内は、ほのかなバラの香りが漂っていましたよ。バラというより、石鹸の香りみたいな・・・。(^_^;) ドームの中で、生きている物を組み立てるのですから、大変な作業でしょうね。大きな木(桂の木やヤマボウシなど)もレイアウトされていてびっくりしました。中には枯れている?ものもありましたけどね。それにしても、私達の植物に対する気持ちって大きいんですね。改めて思いました。
ブルーデージー
2006/05/24 22:16
ショウと名の付く物は見た事が無いので想像できませんが、準備が大変だったでしょうね。バラは何時の時代でも女王ですね、友人が野バラの種を蒔いたら元が白なのに色々な色が咲いたと言ってました、皆さんもお近くに野バラがあれば蒔いてみては如何ですかびっくりです。ハランの容器は発想の転換ですね
脳細胞がきっと若いのでしょうね、バラの様な華やかさは諦めですがせめて若い脳細胞にはなりたいものです、無理があるかな〜! 
コロリン
2006/05/25 13:40
ブルーデージーさん、こんにちは。
インボイスSEIBUドームは県内で2回乗り換えれば行けるので行きたいなぁと去年も思っていました。来年こそはと思います。
近くで観賞できる一方で、ドームという建物の性質上俯瞰の構図があるのも面白いですね。
柳生さんの八ヶ岳のお庭を見せてくれるTV番組を拝見したことがありますが、育てる楽しみをようく知っている方だと思いました。この庭にも居心地の良さが表れているような気がします。
honeyone
2006/05/27 12:45
コロリンさん、こんばんは。
バラもお庭も素敵でしたけど、人も沢山…。優雅に鑑賞という訳にはいきませんね。帰りの電車では、バラの苗や鉢植えを買って帰る人も沢山でした。持って帰れない人は宅配便で送っていました。きっと、みんな夢を買ったのでしょうね。
ブルーデージー
2006/05/27 21:16
honeyoneさん、こんばんは。
そうなんですよ。まさに俯瞰図でした。会場内の喧騒を違う世界から眺めているようで、ちょっと不思議な感じがしました。柳生さんの空が見えるような開放的なお庭と、レンガの壁に緑に芝生、そしてバラや様々な草花がレイアウトされた色彩豊かな空間。両者は対照的な感じがしましたが、どちらも絵になっていて素敵でしたよ。でも、自分のお庭にするならやっぱり柳生さんのお庭かな。
ブルーデージー
2006/05/27 21:30
ブルーデージーさん、お久しぶりです。
バラとガーデニングショーにいらしたのですね。私はチケットを買っておいていくことができませんでした(しごとのばかあ〜)。でも、日曜日の趣味の園芸で見ましたよ。柳生さんのお庭も素敵です。八ヶ岳では柳生さん(お父さんのほう)のご自宅の傍に住んでいました。お隣がガーデンデザイナーの中谷さんのお宅です。中谷さんのHPもとても素敵ですのでご覧下さい。http://www.oizumi.ne.jp/~nakatani/ ハランの花瓶懐かしいです。子供の頃には花入れではなくてお買い物バッグにしていましたよ。
はっぱ
2006/06/01 12:06
はっぱさん、こんにちは。
せっかくチケットを買っていらしたのに残念でしたねえ。国際バラとガーデニングショウはテレビでも詳しく放映されたようで(私は見ていないんです…)テレビの方がきれいだったかもしれませんね。柳生さんの近くにお住まいだったんですね。自然が一杯で空気もきれいで素晴らしいところでしょうね。中谷さんのHP拝見しました。こちらも素敵ですね。有難うございました。ハランをお買い物バッグにして遊んでらしたんですか。小さい頃にもハランはあったはずですが、こういう遊び方は初めて知りました。おもしろいですね。今度作ってみようかな。
ブルーデージー
2006/06/02 13:07
ブルーデージーさん、こんばんは!本当にお久しぶりです。
4か月もパソコンから離れていました。懐かしい気持ちでいっぱいです。
お元気でしたか?
復帰できた喜びで、みなさんの所に飛び込んでいます。
今日は、記事に無関係なコメントでごめんなさいね。
たまにしか更新できないかもしれませんが、これからもよろしくお願いします。
一輪草
2006/06/06 22:26
一輪草さん、お帰りなさい!
一輪草さんのコメントを見つけたときは本当に嬉しかったです。色々と大変な事が続いてご心痛だったと思いますが、これからはゆっくり進みましょう。またよろしくお願い致します。
ブルーデージー
2006/06/07 21:44
ブルーデージーさん、こんばんは。
はっぱです。少し前からブログを始めました。
みなさんのように綺麗には作れないけど、どうぞいらしてくださいね。
はっぱ
2006/06/21 20:07
はっぱさん、こんばんは。
先ほど覗かせていただきました。きれいな写真が一杯ですね。内容も興味深いものばかりでとても楽しく拝見いたしました。ツタカラクサ…もう我が家でもびっくりの勢いで増えています。おもしろいですね。
ブルーデージー
2006/06/22 21:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
第8回国際バラとガーデニングショウ ブルーデージー花便り/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる